プロフィール
DTIブログ!

Search

ITSSは、いまどう使われているのか

ITSSは、2002年12月にV1、2006年にV2、2008年にV3
と改良されているが、現在IT系企業の導入状況や、利用情報
はどのようになっているのか?

記事より − メモ

ITSSの導入状況

2008年1月29日に情報処理推進機構ITスキル標準センターより発表された「IT人材市場動向予備調査報告書」によれば、ITSSは全体の約3割の企業で利用されており、従業員1000人以上の大企業では、6割を超える企業ですでに利用されているようだ


問題点
・新人以外の研修時間は新人の1割前後しかない
・人材育成にITSS導入が生かされていない原因として
  ・求められる人材ポートフォリオが作られていない
  ・人材育成の仕組みが構築されていない
  ・人材育成の仕組みに必要なツールが作られていない
などがあげられるようだ。

ITSSは、IT企業にとって導入することが標準になる流れが
見えてきてはいるが、研修まで手が回らないってことだろうか。

高レベルの人材を育成するのには、時間も手間も費用もかかる。
その時間をどこから抽出するのだろうか。
課題は沢山

リンク
ITSSは、いまどう使われているのか
IPA − ITスキル標準センター

ITSSの採用企業状況

ITSSの採用企業状況をIPAが発表したようだ。


ITProより
ITSSの採用企業は30%弱、UISSは2%弱----IPAが発表

2008年1月29日発表によると、

ITベンダーのITSS状況
・「現在利用している」と回答した割合は28.3%
・「現在利用を検討している」が27.5%
・「必要性を感じているが検討には至っていない」が27.2%

8割ほどが、利用しなければと感じている模様と発表している。

UISSの利用状況
・「現在利用している」と回答したユーザー企業は1.7%
・「現在利用を検討している」も10.1%
・「必要性を感じているが検討には至っていない」も38.4%

UISSはまだまだなようだ。

また、企業と大学の期待は食い違っているようだ。
企業 ⇒ 1位:システム・ソフトウエアの設計能力を求めている
大学 ⇒ 7位:  〃


自分戦略研究所より
IPAが調査、理事長は「由々しき事態」
IT企業、新卒採用苦戦の理由は「仕事のイメージが悪い」



EnterpriseZine
ITSS V3、UISSの方向性と情報処理試験との関係

ITSS,UISS,ETSSは、情報処理試験との整合性を
合わせるようだ。

ITSS関連の記事 その1

最近の興味として、ITSSというものを調べる機会があった。
色々な記事や、リンクなどがあるのでここらで一度まとめたいと思う。
今日はその第1弾として「ITSS」の生地や、リンクをまとめたいと思う。

まず、IPAに記述されている「ITSS」を簡単にまとめてみた。

続きを読む »

IT人材育成の危機を超えて〜ITSS/UISSスキル標準への手引き

こんな記事を見つけた。

まだ、記事を読んでいないが
興味があるので後で内容をメモしよう。

IT人材育成の危機を超えて〜ITSS/UISSスキル標準への手引き
« | 2017/10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -